CBM TRACON

CBM TRACON

お問い合わせ

オプションシステム

ETC車輌認識システム/運転手自動計量システム/ネットワークカメラシステム/現金入出金機/現金支払専用機

ETC車両認識システム

概要

トラックスケールを用いた計量に、ETC車載器による車両認識を組み合わせ、自動で車番を取り込みます。計量時にドライバーが乗り降りすることなく車両認識を行うことができるので、車番入力を省力化することはもちろん、車両ごとの個別管理もできますので配車管理にもお役に立てます。

特徴

計量時、スピーディーに車両を認識するため、お客様・ドライバーをお待たせしません。市販のETC車載器を搭載した車両であればすべて認識可能です。普遍的公共機器で、専用の機器を購入することなく導入が可能です。専用カードの発行や、カードリーダーのトラブル対処から解放されます。

運転手計量システム

概要

トラックを秤に載せ、運転手や研修車が事務所外に設置されているタッチパネルの画面を直接タッチして計量します。商品を混載している場合はこれを繰り返し、終了の場合は、完了を選択します。車両の認識はバーコード付きのカードを使用します。計量されたデータは自動的に販売管理システムへ取り込まれます。新たに入力する作業を省けますので、二度入力によるミス等を防ぐことが可能です。

特徴

運転手自動計量システムは、事前に作成されたカードを運転手自ら機械にかざし、直接画面をタッチするタッチモニターを活用して、計量するシステムです。計量されたデータは、販売管理システム「CBM TRACON ®」に蓄積され、翌朝に計量情報の内容を確認しながら伝票発行を行うことができます。これにより、休日や夜間分の手入力業務を省くことが可能になります。

総重計量

  • ●トラックを秤へ

  • ●運転手は事前に作成しているカードを機械に読み込ませる。

  • ●表示された名前を確認し、<継続>を選択する。

一品目をヤードに降ろす

風袋計量・商品選択

1
STEP1

・トラックを秤へ・運転手は先ほどのカードを再度機械に読み込ませる。

2
STEP2

・画面から降ろした商品を選択する。

3
STEP3

・次に降ろす品目がある場合 <継続> を選択1

・これで終わりの場合 <終了> を選択

<終了>を選択

事務書で伝票発行

●運転手による計量データが蓄積されます。翌朝等そのデータ(トラック画像)を選択し、内容を確認します。その後、伝票発行を行うことで正式にデータが取り込まれます。

組合せ事例

ネットワークカメラシステムを組み合わせることで、事務所の無人化等コスト削減につながります。ETC車輌認識システムを組み合わせることで、計量時の操作を簡略化することができます。特に砂利砕石業向けシステムでは大きな効果を発揮することができます。

ネットワークカメラシステム

概要

トラックの出入庫や商品の検収を事務所内で行う時、ネットワークカメラの利用により、パソコンの画面上で現状の把握ができます。そして、事務所に居ながらにして、車番やトラック積載内容を確認することも可能になります。

特徴

拠点ヤード状況の把握各工場のヤード状況や、在庫状況などを、事務所又は自宅に居ながらにして把握することが可能です。これにより、早くて的確な出荷及び受入手配を行うことが可能になります。万が一の抑止力 経営者の方や管理者が不在になる機会は多いものです。それでも現金取引が多い御社の業界。そこで、事務所内にもカメラを設置することで、幅広いセキュリティの向上につながります。 計量時の車番や荷台の中を確認事務所に居ながらにして、車番確認やトラック積載内容を確認することが可能になります。また、計量連動販売管理「CBM TRACON (R)」と連動することで、計量時のトラック画像を伝票毎に管理することが可能です。

現金入出金機

概要

逆有償が定着した現在、逆有償による入金や、それに伴う釣銭の管理の必要性が高まってきました。CBM TRACON ®連動の入出金機は支払、入金、釣銭処理が一括で可能です。現金取扱業務にかかる手間、そして間違いによるトラブルを大幅に削減することができます。

特徴

事務処理の効率化と省力化

正確な現金の払い出し現金処理の高速化現金の取り扱いによる事故やミスの防止

組み合わせ事項

ネットワークカメラシステムを組み合わせることで、責任者不在時でも防犯となります。

お問い合わせ

052-561-2131(受付時間xxx~xxxx)